同意書

アンケートに同意します。
アンケートに同意しません。

T プロフィールについて

1.年齢

2.性別

3.学歴

4.職種

5.あなたの「読みの困難」について、専門家からの診断を受けていますか

6.あなたは専門家からどのような診断を受けていますか(複数回答可)

発達障害
アスペルガー
高次脳機能障害
ADHD
LD
ディスレクシア
知的障害
精神障害
その他
診断を受けているが、回答は望まない
とくに診断は受けていない

7.あなたは「読みの困難」について、どこから支援を受けていますか。(複数回答可)

教育機関
(大学・通級指導教室・特別支援学校・特別支援学級・教育委員会巡回相談など)
病院・リハビリテーションセンター
発達障害支援センター
NPO・社会福祉法人・私塾
図書館
企業
当事者の会・自助グループ
友人・知人
その他
とくに支援は受けていない

U 読書について

8.このアンケートへの回答者についてお伺いします。

9.あなたは書籍(雑誌を除く)を読みますか?

はい
いいえ
 

10.あなたは雑誌(マンガ誌を含む)を読みますか?

はい
いいえ
1日に
 

11.あなたは書籍(雑誌を除く)を1か月に何冊くらい読みますか?

読む
読まない
 

12.あなたは雑誌(マンガ誌を含む)を1か月に何冊くらい読みますか?

読む
読まない
 

13.あなたはどんなジャンルの書籍を読んでいますか。 また、なんらかのサポートが得られるとすれば、読んでみたいジャンルにチェックしてください。

読んでいる 読んでみたい (複数回答可)
小説・エッセイ
歴史
文化・芸能
実用書
趣味の本
社会科学系の本
自然科学系の本
西洋医学・東洋医学・健康関連の本
地図・旅行ガイドブック
ビジネス書・資格関連
語学の本
パソコンに関する本
辞書・辞典類
福祉系の本
障害関係の本、または、障害のある著者が書いた本
児童書・学習参考書
アダルト本
漫画・コミック
新聞
雑誌
学術書
地元郷土に関わる書籍
宗教・哲学
その他

14.あなたがさまざまな書籍のレイアウトの中で「読みにくい」と感じるのは、次のうちどのような場合でしょうか。(複数回答可)

縦書き
横書き
字間や行間が狭い
字間や行間が広い
折り返しが短い
折り返しが長い
改行が少ない
改行が多い
段組が多い
レイアウトが不規則
色づかいが鮮やかでコントラストが強い
色づかいが抑え気味でコントラストが弱い
読みがな(ルビ)がほとんどついていない
読みがな(ルビ)がたくさんついている
文字の書体(フォント)が明朝系である
文字の書体(フォント)がゴシック系である
文字の大きさが小さい
文字の大きさが大きい
漢字が読みにくい
ひらがなが読みにくい
特殊音節が読みにくい
にた文字や言葉を間違えやすい
読んでいる場所がわからなくなる
文末をかって読みする
文字の認識に時間がかかる
字が読めても内容理解が伴わない
言葉の句切りがわからない
集中力がもたない
本に興味がない
その他

15.書籍が「読みにくい」人が利用することによって、読みやすくするための代替手段や補助具を以下に挙げてあります。知っているものと使っているものそれぞれをお答えください。

知っている 使っている  
代読(他の人に頼んで読んでもらう)
拡大コピーを使い、読みやすい大きさに拡大して読む
拡大鏡や拡大読書器を使い、読んでいる文章を拡大しながら読む
スリットなどを使い、1行だけ表示できるようにしながら読む
定規(ルーラー)を使い、読んでいる行をわかりやすくしながら読む
付箋を使い、読んでいる行をわかりやすくしながら読む
蛍光ペンを使い、読んでいる行をわかりやすくしながら読む
(ボランティア等が作成した)録音図書を聞く
(ボランティア等が作成した)拡大図書を読む
(ボランティア等が作成した)マルチメディアDAISY図書を読む(聞く)
電子辞書を使いながら読む
本をスキャニングし、OCRソフトなどを使いテキストデータを作成する
テキストデータを自分にとって読みやすいレイアウトに変えながら読む
テキストデータを読み上げソフトで読み上げながら聞く
別なソフトウェアを使って読む
ソフトウエア名:
その他

V 書籍・雑誌以外の情報メディア利用について

16.あなたはどの手段でインターネットを利用しますか。(複数回答可)

パソコンで利用する
携帯電話で利用する
利用しない

17.インターネットを利用するのは、つぎのうちどのような目的ですか(複数回答可)

検索サイト利用 よく使う検索サイト:
ウェブサイト閲覧・更新
ブログ閲覧・更新
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)
メール
その他

18.市販されている電子書籍を利用していますか

パソコンで利用する
月に
携帯電話で利用する
月に
専用読書端末・ゲーム機で利用
端末読書端末・ゲーム機名:
ゲーム機で月に読む冊数:
利用していない

19.読書以外にどのような場面でなんらかのサポートが欲しいと思いますか。(複数回答可)

教科書・参考書
試験問題
手続きや契約する際の書類
仕事上で使用する書類
駅や公共交通機関の表示・案内
飲食店のメニュー
町内会や職場での回覧物
掲示板
郵便物・ダイレクトメールなど
選挙公報
薬の注意書き
映画の字幕
その他

20.19で挙げたさまざまな場面で、実際にあるとよいと思うサポートや配慮などの手段があれば、具体的に挙げてください(自由記述)

W BRCへの要望・質問

21.バリアフリー資料リソースセンター(BRC)は、より多くの種類の書籍をだれでも利用しやすくするためのしくみづくりを研究し、著者・出版社からの協力を求めながら、さまざまな特性のある読者が利用しやすい形式によるデータ提供の実現をめざしています。

BRCに期待すること、BRCへのご意見・ご要望やご質問などがあれば、自由にお書きください。